なぜか無名の新人も登場。今年のNBAオールスターに世代交代の波

 今年も胸躍る週末――NBAオールスターウィークエンドの季節がやってきた。

 ただ、今回のオールスターゲームの出場者リストに目を通すと、ついに世代交代のときが来たのだと、少しの寂しさを覚えずにはいられない。東西各12選手・計24選手のなかでオールスターゲーム出場回数が10回以上の選手は、今回が13度目の出場となるレブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ/SF)と、10度目のカーメロ・アンソニー(ニューヨーク・ニックス/SF)の2選手だけだからだ。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)

 昨年18度目の出場を果たしたコービー・ブライアント(当時ロサンゼルス・レイカーズ)が引退し、12度の出場経験を持つドウェイン・ウェイド(シカゴ・ブルズ/SG)や、選出されていれば10回目の出場となるはずだったクリス・ポール(ロサンゼルス・クリッパーズ/PG)も選ばれなかった。昨年11度目の選出となったクリス・ボッシュ(マイアミ・ヒート/PF)にいたっては、血栓症と診断されて今季は一度もコートに立つことすらできていない。

 しかし、去る者がいれば、来る者がいる。

 今年、オールスター初出場となるのは、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス/SF)、ケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ/PG)、ゴードン・ヘイワード(ユタ・ジャズ/SF)、デアンドレ・ジョーダン(ロサンゼルス・クリッパーズ/C)の4選手。なかでも、まさに「新世代の代表格」と言えるのは、22歳のアデトクンボだろう。

この記事の続きを読む

1