佐藤琢磨が移籍後インディカー初テスト。ホンダ勢の体制充実に手応え

 3月12日(日)にフロリダ州セントピーターズバーグで開幕するインディカーシリーズ。そのプレシーズン合同テストが、アリゾナ州のフェニックス・レースウェイで開催され、今季フル出場予定の21台が集まった。

 気温が摂氏22〜28度と温暖で、雨も降らなかった2日間、午後1〜4時と6〜9時の合計12時間にも及ぶ走行セッションが用意された。

 最初に指摘しておきたいのは、今回のテスト結果では今シーズンの勢力図を単純に予見することはできないということ。フェニックスは全長が約1マイルのオーバルコースで、ルールによりロードコース用エアロパッケージの装着が義務づけられるが、この仕様のマシンでのパフォーマンスは同種のコース、つまりはフェニックス、ゲートウェイ(ミズーリ州セントルイス近郊で今年からレース開催、全長1.25マイル)、アイオワ(全長0.875マイル)でしか発揮できないからだ。

 しかも、シーズンの流れを決める開幕からの3レースは、ストリート2戦とロードコース1戦。第4戦はフェニックスだが、その後もまたロードコース1戦、スーパースピードウェイ(コース距離の長いオーバル)1戦、ストリート2戦、そしてまた大型オーバル......と、ショートオーバル以外でのレースが続く。

この記事の続きを読む

1