幻となった「日本人ダービー」。乾貴士が語った出場機会減少の理由

 ラモン・サンチェス・ピスファンで行なわれたリーガエスパニョーラ第23節セビージャ対エイバル。日本のサッカーファンにとっては"幻の日本人ダービー"との思いもある対戦は、ステファン・ヨベティッチの2アシストの活躍で、ホームのセビージャが2対0と順当に勝利を飾った。

 約1カ月ぶりに訪れたセビージャのホームスタジアム。リフォームが終わったばかりの外観はチームカラーの白色がまぶしい輝きをみせていたが、スタジアムを包むサッカーに対する熱気は全く変わっていかなかった。ただ、その熱気を生み出すセビージャのメンバーのひとりであった清武弘嗣が、この冬の移籍市場でチームを去ったこと以外は。

 わずか数週間前のことだ。日本人MFの去就に注目が集まり、清武を出すべきか、残すべきか、メディアやサポーターの間で多くの議論がされていた。結論として清武はチームを去ることを決めたが、その決定を惜しむセビージャの人々もたくさんいた。

 成功か失敗かと言われれば、清武のセビージャでの戦いは残念ながら失敗と言わざるを得ない。それでも背番号14番は、日本人が思い描くスペインのイメージを体現する太陽と情熱が似合う、アンダルシア州の州都の人々に大きなインパクトを残している。特に開幕戦となったエスパニョール戦で見せたパフォーマンスは、多くのセビジスタの心を掴んでいた。

この記事の続きを読む

1