三原舞依「どんな大舞台でもノーミス」の集中力で浅田真央以来の快挙

「世界の舞台で『三原舞依はこんな選手だ』とアピールできたらいい」

 4位だったショートプログラム(SP)の後にこう宣言していた三原舞依が、主要国際大会である四大陸選手権に初出場して初優勝を飾った。これはフィギュアスケート日本女子にとって2008年の浅田真央以来の快挙であり、また日本女子は四大陸選手権で10年連続の表彰台となった。

 2月18日に行なわれた女子フリー。三原舞依は、欠場した「ミス・パーフェクト」宮原知子を彷彿とさせる安定感ある滑りを見せ、目標のノーミス演技を披露した。この会心の演技で、フリーはこれまでの自己最高を8.42点更新の134.34点、合計でも9.93点更新の200.85点と自己ベストをマーク。200点の大台超えは日本女子では浅田、安藤美姫、宮原に続く4人目となる。

「目標としていた200点台を出せてうれしい。自分が1位にいるのが信じられない。夢のようです」

 満面の笑みを見せて初々しい言葉があふれた。

この記事の続きを読む

1