打倒ソウルスターリングの一番手。リスグラシューは逆転に「自信あり」

2017年クラシック候補たち
■第3回:リスグラシュー

 例年になく「ハイレベル」と言われる、今年の3歳牝馬戦線。現在、その中心とされるのは、昨年暮れの2歳GI阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF。2016年12月11日/阪神・芝1600m)を制して2歳女王となったソウルスターリングだろう。直線で余裕たっぷりに抜け出したレースぶりは、まさに"完勝"と言える内容だった。

 しかし、そこで敗戦を喫した馬の中にも、まだ逆転の可能性を秘めた馬がいる。阪神JFで2着と涙を飲んだリスグラシュー(牝3歳/父ハーツクライ)である。

 デビュー戦は惜しくも2着に敗れるも、2戦目の未勝利(2016年9月10日/阪神・芝1800m)では2歳レコードをマークして4馬身差の圧勝劇を披露。続くGIIIアルテミスS(2016年10月29日/東京・芝1600m)でも骨のあるメンバーを蹴散らして、見事に重賞初制覇を飾った。そして、4戦目に挑んだのがGIの舞台だった。

 その阪神JFでは不運が重なった。18頭立ての大外枠という不利な枠順を引いたうえ、スタートで1馬身ほどの出遅れを喫してしまったのだ。結局それが響いて、最終コーナーでは多頭数の大外を回らされ、かなりのロスを被る展開となった。

この記事の続きを読む

1