「早く試合がしたい」。地獄を見た エリート比嘉真美子が、完全復活へ

 日本の女子ゴルフ界を背負って立つ逸材――そう注目されながら、彼女はどれほどの月日を悶々(もんもん)と過ごしてきたのだろうか。

 比嘉真美子(23歳)。

 アマチュア時代は、2011年、2012年と日本女子アマチュア選手権で連覇を達成。ナショナルチームの一員としても、常にエースとして活躍した。プロツアーにも参戦し、2011年の日本女子オープンでローアマチュアを獲得するなど、プロの世界でも十分に通用するプレーヤーとして、誰もがその存在を認めていた。

 事実、2012年のプロテストを一発合格すると、ルーキーイヤーとなる2013年シーズンには、ヤマハレディースオープン葛城、リゾートトラストレディスといきなり2勝をマーク。海外メジャーの全英リコー女子オープンでも7位タイという好結果を残すなど、ツアー本格参戦1年目から難なく賞金シード(賞金ランキング8位)を獲得し、評判どおりの実力を遺憾なく発揮した。

 プロ2年目の2014年シーズンも、勝利こそなかったものの、開幕戦のダイキンオーキッドレディスやフジサンケイレディスなどで優勝争いを展開。賞金ランキング45位という成績を残して、2年連続でシード権を確保した。 

 だが、プロ3年目の2015年シーズンから歯車が狂い始める。

この記事の続きを読む

1