ケルン大迫勇也、同点弾アシスト。FW+中盤役もこなし絶大な信頼感

 ブンデスリーガ第21節、ケルン対シャルケの一戦は1−1のドローに終わった。

「2トップでプレーしたい」「得点を取る楽しみこそがサッカーの楽しみ」と、常々話しているケルンの大迫勇也。だが、チーム事情により思った通りのポジションでプレーできないことも多い。

 昨季や今季の前半戦は2列目に入ることもしばしばで、第18節のダルムシュタット戦では、2得点を挙げながら、試合終盤はボランチでプレーした。また前節フライブルク戦でも、マルコ・ヘーガーが負傷したため、前半途中からボランチに。「ボランチで勝負するつもりはないので出来は気にしない」と言いながら、高い適応力でそつなくやりきった。

「フォワードをやりたいだろうが、ちょっと我慢してくれ」

 ペーター・シュテーガー監督は大迫がストライカーであることを理解しつつも、その器用さをつい頼ってしまうようだ。

 シャルケ戦、大迫勇也はアントニー・モデストとの2トップでフル出場した。

 ただし、ケルンは活躍を期待されたレオナルド・ビッテンクールが先週のヴォルフスブルク戦で左太ももを故障。復帰まで6週間と言われている。後半戦から新加入のクリスティアン・クレメンスも先発に定着とはいかず、中盤が手薄な状態が続いている。となると、大迫は自然と下がり気味になり、2トップというよりも、トップ下、2列目のようなプレーが多くなる。この試合でも、チャンスを作るべく相手の裏へ多くのパスを供給した。

この記事の続きを読む

1