東大に7失点、背番号降格。苦しんだ巨人ドラ1・桜井俊貴が誓う逆襲

 その背中を見て、プロの厳しさを感じずにはいられなかった。

 巨人の2年目右腕・桜井俊貴が今季から背負う番号は「36」。入団した昨季に着けていた「21」は、日本ハムから移籍してきた吉川光夫に譲っている。吉川光が実績のある投手だとしても、もし桜井が昨年10勝級の活躍をしていたら、ドラフト1位で獲得した選手の背番号を1年で変えるようなことはなかっただろう。

 プロ1年目はまさに乱高下の1年だった。「即戦力右腕」の評判通り、オープン戦から結果を残して開幕ローテーション入りするが、そのプロ初登板で右ヒジ痛を発症。その後はリハビリに時間を費やし、復帰後は三軍の選手として登板した東京大との試合で6回11安打7失点という乱調ぶり。結局、二軍でもまともに登板することができずに1年目を終えると、オフには背番号「降格」が待っていた。

 2年目のキャンプを過ごす桜井は、引き締まった表情で昨年のキャンプを振り返る。

「去年は流れのままにやっている感じでした。自分では『飛ばさないでいこう』と思っていても、ペースがつかめなかった。でも、今年は自分で考えながら練習ができていると思います」

 今春のキャンプ、桜井はブルペンで目を見張るようなボールを投げ込んでいる。

 圧倒するようなスピードも球威もあるわけではない。だが、低めに糸を引くような球筋で、捕手のミットにズバッと収まる。そんな"生きたストレート"が続々と決まるのだ。上からの角度もあるため、これほど低めにコンスタントに投げられたら、そう打ち込まれることはないだろう。

この記事の続きを読む

1