レッズ西川周作「日本の将来のためにも、韓国人GKには負けられない」

浦和レッズ・西川周作インタビュー

 浦和レッズの沖縄キャンプ。GK西川周作は、例年になく楽しそうだった。

「レッズに来て4年目ですけど、初めて最初からいい状態でキャンプに入れたんです」

 2014年にサンフレッチェ広島から移籍してきたときは、天皇杯決勝まで戦ってほとんどオフがなく、疲れが残ったままキャンプインした。2015年は日本代表としてアジアカップに挑み、チームへの合流が遅れた。昨年は天皇杯決勝後に左膝関節を手術。リハビリを経て、途中からチームに加わった。しかし今年は、オフが長かったこともあり、チームの始動から万全の状態でキャンプインすることができたのだ。

 昨季のレッズは、チャンピオンシップで鹿島アントラーズに敗退。最大の目標となるJリーグ王者の座を逃した。それでも、リーグ戦では勝ち点74を挙げて年間勝ち点1位となり、ルヴァンカップを制した。10年ぶりにタイトルを手にして、2015年シーズンからまた一歩前進し、着実に成長している姿を見せた。

 西川はまず、その昨季について振り返る。

「レッズに来てから、昨季は一番手応えを感じたシーズンでした。年間勝ち点1位になりながら、シャーレを掲げることができなかったのは悔しかったですけど、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)ではグループステージを突破できたし、ルヴァンカップを獲れた。これまで"ここぞ"という試合に勝てなくて、『勝負弱い』と言われていましたが、そのレッテルを払拭できたと思います。しかも、選手全員が優勝するために何が必要かっていうことを理解できた。それは、今年につながると思います」

この記事の続きを読む

1