J1復帰のエスパルス。順調な仕上がりにも、消えない「再降格の不安」

 昨季、クラブ史上初となるJ2でのシーズンを過ごした清水エスパルス。序盤こそ厳しい戦いを強いられたが、終盤に入ってから9連勝を飾るなど快進撃を披露し、降格時に掲げた「必ず1年でJ1に復帰する」という公約を見事に果たした。

 今季は、2年ぶりに国内トップリーグの舞台に挑む。開幕戦は、ホームのアイスタ日本平でヴィッセル神戸を迎え撃つ。当日のチケットは、自由席をわずかに残すだけと好調な売れ行きを見せ、日本一を自認するサッカーどころの熱気は日に日に高まっている。

 昨季終盤の勢いに乗って、今季の目標を「9位以内」と設定したチームは、今回初めて沖縄キャンプで始動。その後、鹿児島で2次キャンプをこなし、最後は地元で調整を行なって、ここまで順調な仕上がりを見せている。

 鹿児島キャンプでは、小林伸二監督が「自分たちがJ1でどこまでやれるのか、その目安にしたい」と言って臨んだ柏レイソルとの練習試合で、1−0と勝利。昨季、J1年間8位のディフェンス陣を効果的に崩してチャンスを連発し、守備でも要所を抑えて完封した。

 その戦いぶりには、「(相手も)まだ仕上がっていない段階ではあるが、トップに強力な外国人選手をそろえている相手を無失点に抑えたことは大きい」と、小林監督も一定の評価を与えた。

この記事の続きを読む

1