欠点だらけも自信は揺るがず。ソフトバンク田中正義は「本物のスター」

 それはショッキングな独白だった。

「今のままでは通用しないことはわかりきっている」

 昨年の12月、田中正義(創価大→ソフトバンク1位)は客観的な事実を述べるかのように、淡々とプロでの展望を語っていた。

 昨秋のドラフト会議で5球団から重複1位指名を受けた大物の言葉としては、少し弱気に聞こえるかもしれない。だが裏を返せば、それだけ自分のことを客観視できているとも取れる。

 今春のソフトバンクキャンプでは、そんな田中についての「不安」なニュースが連日報道されている。

「ストレートと変化球で腕の振りが違う」「バント処理の送球が不安定」......などなど。一軍での活躍が期待される投手としては、どれも致命的な弱点のように思える。だが、これらの不安要素を田中はプロ入り前から口にしていた。さらに言えば、今後実戦形式での登板が増えてくるにつれて「クイックモーションが遅い」という指摘が噴出するだろう。だが、それも本人にしてみれば、すべて想定内の事態に違いない。

 筆者がソフトバンクキャンプを訪れた第2クール、田中はブルペンでもがいていた。ボールが抜けたり、引っかかったりと球筋が安定せず、ブルペン捕手に「すいません」と謝るシーンが何度も繰り返された。

 自分の理想の投球とはまるでかけ離れた内容だったはずだ。並のルーキーならば「今日は最悪でした」「バラバラでした」などとコメントしそうなもの。だが、ブルペンを出た田中は「何球かいいボールがありました。後半は良かったんじゃないですか」と手応えを口にした。その言葉はとても虚勢を張っているようには聞こえなかった。田中本人にとっては、ある程度「通過点」という割り切りがあるのだろう。

この記事の続きを読む

1