【木村和久連載】心躍るニューギア。その「筆下ろし」で注意すること

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第93回
 ゴルフで、やる気を起こさせる手っ取り早い方法は、ニューギアの購入と、それを使ってのラウンドです。キャバクラで新人女子大生と出会うぐらいフレッシュですから、感激もひとしお。もう、春が来るのが待ち遠しいですねぇ〜。

 そんな今頃、今シーズンは何を新調してラウンドに臨めばいいかって、大いに悩みます。自分なりの試合やコンペ、そういう目標に向けてニューギアを購入。それで弱点を補い、さらなるステップアップを図るため、自主トレ、キャンプ、オープン戦を経て、開幕突入......って、ほんとプロ野球みたいですね。

 新しいクラブを新調した場合、とりあえず練習場で打ち、感触がよかったら、いざラウンドじゃ、とキャディバッグに入れますよね。規定では14本までですが、1本ぐらい余計に入れても構わないと思います。

 過去にプロゴルファーやトップアマと何度もラウンドをしましたが、みなさん練習ラウンドのときは、何本も余計にクラブを入れてラウンドしていましたから。売れている人ほど、各メーカーから「新しいクラブを試してよ」と、モニターを依頼されることが多いのです。

 ただ、我々は「生涯練習ラウンド」ですから、すべてのラウンドが本番となります。同伴メンバーの中には、スコアで対決する人もいるでしょう。そういう方には、「今日、新製品のお試しなので、クラブ1本多くなりますが、よろしくお願いします」と言っておくのが筋です。さすれば、ルールやマナーにうるさい人でも、「ああ、いいよ。おぉ〜、なかなか飛びそうなクラブじゃん。あとで打たせてよ」と、丸く収まるわけです。

この記事の続きを読む

1