王者復活を目指すジュビロ磐田。「中村俊輔効果」は本当にあるのか

 このオフのストーブリーグにおいて、最大の話題と言えば、横浜F・マリノスの"顔"だった中村俊輔のジュビロ磐田への移籍だろう。その注目の中村がいよいよ新天地でベールを脱ぐ。はたして、元日本代表の天才レフティーは、磐田でどんなプレーを披露し、どれだけ活躍するのか、日本中から熱い視線が注がれている。

 中村の磐田移籍が正式に発表されたのは、1月8日だった。その直後から、まずはピッチ外で"俊輔効果"が見られた。

 1月13日の新体制発表会見には、例年の2倍近い41社、100名のメディアが集結。さらに、翌14日のチーム始動日には、昨年の3.5倍となるおよそ700人のファンやサポーターが訪れた。おかげで、練習場では通常使用されていないスタンドまで開放された。

 試合のチケットの売れ行きも好調だ。昨年は5000席に届かなかったシーズンチケットが、今季は約5800席も売れた。ファンクラブの会員数やグッズ販売の売り上げも、クラブの予想を超える伸びを見せており、クラブ幹部は「中村選手の加入効果が大きい」と驚きつつ、早々に表れた"俊輔効果"に満面の笑みを浮かべる。

この記事の続きを読む

1