スーパーラグビー開幕。サンウルブズがW杯の日本代表強化に直結する

 昨年、世界最高峰のプロラグビーリーグ「スーパーラグビー」に新たに加入した、日本を本拠地とするサンウルブズが2年目のシーズンを迎えようとしている。2月25日、東京・秩父宮ラグビー場で昨年の王者ハリケーンズ(NZ)と開幕戦を行ない、6月の代表月間を挟んで、7月15日まで15試合を戦う。

 スーパーラグビーとは、1996年にニュージーランド(NZ)、オーストラリア、南アフリカのワールドカップ優勝国3ヵ国で始まった国境を越えたプロリーグだ。12チームで始まったが、参加チームは増え続けて、昨年からアルゼンチン、日本のチームも加わり18チームへと拡大した。

 なぜ、日本を本拠地とするサンウルブズがスーパーラグビーに参入したのか。昨年は1勝13敗1分の最下位と厳しい戦いを強いられたが......。

 日本代表は世界の強豪と頻繁に対戦することが難しく、トップリーグのレベルも、年々上がってきたとは言え、世界のトップに肩を並べているとは言いがたい。そこで、より高いレベルでの経験を増やし、2019年に日本で行なわれるワールドカップを見越して、日本代表を強化することを目的に、日本チームがスーパーラグビーに参戦したというわけだ。

 ただ、先頭に立ってサンウルブズのスーパーラグビー入りを推し進めていたエディー・ジョーンズ元日本代表HC(ヘッドコーチ)が日本を去ってしまった。さらに2015ワールドカップに続いて、トップリーグ、スーパーラグビーと試合が続いていたこともあり、昨年の開幕前、43人のメンバーの中で日本代表経験者は15人(うち2015年のワールドカップ組は10人)しかいないという状態だった。

この記事の続きを読む

1