Fリーグ10年目で初の1位陥落。「絶対王者」名古屋は返り咲けるのか

 2007年に創設されたフットサルのFリーグには、「絶対王者」と呼ばれるチームがある。リーグ唯一のプロクラブであり、総工費40億円を超えるオーシャンアリーナを本拠地とする名古屋オーシャンズだ。

 リーグ1年目の2007−2008シーズンから2015−2016シーズンまで、名古屋はリーグ9連覇を達成してきた。2012−2013シーズンからはリーグ戦後、上位チームによるプレーオフが行なわれてきたが、名古屋は常にリーグ戦で1位となり、プレーオフ・ファイナルに勝ち上がっていた。

 しかし2016−2017シーズン、その歴史が止まった。2月19日まで行なわれていたレギュラーシーズン、27勝2分け4敗の勝ち点「83」で順位表のトップに立ったのはシュライカー大阪。9連覇中の名古屋は、22勝7分け4敗の勝ち点「73」で2位となったのだ。他クラブと比較できないほど圧倒的な資金力を誇る名古屋は、なぜ、リーグ戦1位の座から滑り落ちたのか――。

 今シーズンの名古屋は、開幕前に転換期を迎えていた。昨シーズンまでチームの主力だった元日本代表FP(フィールドプレーヤー)北原亘と元ポルトガル代表FPペドロ・コスタが現役を引退。さらに4度のリーグ最優秀選手とリーグ得点王に輝いていたエースの日本代表FP森岡薫には、契約交渉でゼロ提示を行なった。

この記事の続きを読む

1