歴史は繰り返すのか。フロンターレのJ2降格が頭をかすめた今季初戦

 J1に先立って開幕したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で、日本勢が例年にない好スタートを切った。

 日本から出場している4クラブの初戦の結果は3勝1分け。しかも3勝は、鹿島アントラーズ2−0蔚山現代(韓国)、浦和レッズ4−0ウエスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)、ガンバ大阪3−0アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)と、いずれも無失点のうえに複数得点を奪う快勝だった。

 そんななか、唯一勝利を逃したのが、水原三星ブルーウイングス(韓国)と対戦した川崎フロンターレ。負けこそしなかったものの、1−1で引き分け、1クラブだけ蚊帳の外に置かれる形となった。

 川崎と同じグループGには一昨季のACL王者、広州恒大(中国)がいるだけに、水原相手のホーム初戦は勝っておきたかったところ。今季から川崎の指揮を執る鬼木達監督は、「ホームで勝てなかったことは残念だが、(総当たりの)リーグ戦では負けないことも大事。スタートとしては評価したい」と語っていたが、やはり痛い引き分けだったに違いない。

 また、川崎が勝利を逃した試合を見ていて、結果以上に気になったのは、その内容である。率直に言って、先行きに大きな不安を感じるものだった。

この記事の続きを読む

1