鉄人・室伏の教えを胸にオリックス 吉田正尚が究める「超人スイング」

 キャンプでの見慣れたフリーバッティングの風景は、吉田正尚(オリックス)の登場とともに空気を変えた。"フルスイング"という言葉では物足りない強烈な振り。腰をねじ切れんばかりに回し切り、軸足の拇指球を蹴り上げフィニッシュ。フリーバッティングで「そこまで振るか!?」という強烈なスイングを繰り返した。吉田のバッティングを見ながら、かつて"フルスイング"を代名詞としていた中村紀洋の言葉を思い出した。

「練習で振らんヤツは、試合でも絶対に振れない」

 吉田は"フルスイング"より"強いスイング"という表現を好んで使うのだが、その理由はこうだ。

「フルスイングっていうと、少し軽く聞こえる感じがするのと、なんでも振るイメージがあるじゃないですか」

 その吉田に、このキャンプでのテーマを聞くと、「日に日に感じるものが変わるので、テーマは決めてないです。新たに出てくるものを発見して、感じながらやっていく。トータルでは見てないんです」という答えが返ってきた。グラウンドでは早くも貫禄を漂わせるプロ2年目の23歳は、取材の場でも予定調和な答えではなく、自分の言葉で伝えてくる。

 ルーキーイヤーの昨年、吉田は開幕スタメンの座をつかみ、1981年の原辰徳(巨人)らに並ぶ6試合連続安打の新人タイ記録をマーク。しかし、4月23日に腰痛で登録抹消となり、再登録されたのは8月12日。結局、63試合の出場に終わったが、それでも打率.290、10本塁打、34打点を残した。新人野手としては合格点を与えられる数字にも思えるが、それで納得するような男ではない。

この記事の続きを読む

1