ラグビー日本代表入りを熱望する、 サンウルブズの「外国人3人衆」

 これまで日本のプロスポーツ界を盛り上げ、発展させてきた要素のひとつに、外国人選手の存在がある。外国人選手の活躍がチームの成績を左右するのはもちもん、魅力的なキャラクターで多くのファンを惹きつけてきた。

 今年、世界トップクラスの国際リーグ、スーパーラグビー(SR)に日本から参加しているサンウルブズでも、チームの中心的存在になりうる外国人選手がいる。

 2シーズン目を迎えるサンウルブズは、日本代表との関係をより強固なものとすべく、2016年秋に就任した日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)を「チームジャパン2019総監督」とし、両チームが戦術やスタイルを共有する。

 サンウルブズのメンバーを選ぶ際にもジョセフHCの意見を反映し、特に外国人選手に関しては「日本代表の資格を持つ選手、もしくはこれから持つ見込みのある選手」という基準で選ばれた。つまり、2019年に開催されるワールドカップ日本大会に向け、本格的な強化が始まったのだ。

 現在、サンウルブズに所属している外国人選手は15人。そのなかでも注目を集めているのが、エドワード・カーク、ヴィリー・ブリッツ、ヘイデン・クリップスの3人だ。

「オーストラリアでオフを過ごしている間も、日本が恋しかった。飛行機に乗っている間も、ずっと楽しみだった」

 2月1日のチーム始動時、ワクワク感を抑えきれずにいたのが25歳のカークだ。ヒゲをファーストジャージーと同じオレンジ色に染め上げ、「自分は忠誠心の強い男です」と笑顔で語る。身長191センチ、体重108キロのカークは初年度からサンウルブズに在籍し、昨シーズンはフランカーやナンバーエイトというポジションで15試合に出場した。

この記事の続きを読む

1