松山英樹にもチャンス。トロフィーなき「世界ランキング1位」の重さ

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

「世界ランキング1位になっても、トロフィーはもらえない。あるのは、世界一になったという"プライド"だけだ。僕が選手生命を終えるとき、何週間世界一に就いていたかが、僕にとっては大事なこと。その事実は、誰にも奪うことができないからね」

 そう話すのは、ジェイソン・デイ(29歳/オーストラリア)。先のジェネシス・オープン(2月16日〜19日/カリフォルニア州)でツアー13勝目を挙げたダスティン・ジョンソン(32歳/アメリカ)が、代わって世界ランキング1位となるまで、その座を保持していた。

 デイが世界1位になったのは、昨年の3月末。ほぼ1年近くその座を守ってきた。その間について、デイが振り返る。

「すごくタフな時間だった。いいこともたくさんあったけれど、慣れないこともたくさんあった。大きなプレッシャーもあったし、やらなければいけないこともたくさんあった。世界ランキング1位になるということは、たくさんの責任が発生することでもあった」

 トップ選手なら誰しもが目標とする、世界ランキング1位という王者の座。しかしながら、デイも語っているように、その称号にはトロフィーや記念品もなければ、賞金も出ない。あるのは"名誉"だけ。にもかかわらず、その座に就くことによって、多くの義務や責任が発生する。

この記事の続きを読む

1