日本、欧州、米国を知る宇津木瑠美が語る、プロの女子サッカー選手とは

 16歳で日本女子代表入りし、2008年の北京オリンピックを経験。28歳を迎えた宇津木瑠美は代表歴も12年目のベテランの域へ差し掛かっている。21歳でフランスへ渡り、そこから6年間モンペリエHSCで荒波にもまれた。なでしこジャパンの歩みとともに、宇津木も成長してきた。

 2015年カナダワールドカップでは、レギュラーとして日本を2大会連続の決勝進出へ導いた宇津木だったが、昨年3月のリオデジャネイロオリンピック予選はコンディションの悪化で欠場を余儀なくされる。この予選大会で日本は本大会への出場権を獲得できず、それまで選手全員で作り上げてきた"なでしこジャパン"のひとつの時代が終わりを告げた。

 その後、フランスからアメリカへ活動の場を移すことを決意した宇津木。彼女にとって2016年はまさに激動の1年となった。

 リオデジャネイロオリンピックの予選大会から3カ月後、新たな指揮官となった高倉麻子監督のもと、決行されたのが6月のアメリカ遠征だった。

「課題が多い時期でした。まっさらな選手たちが多い中で、出てくる課題はポジティブに捉えていたつもりでしたが、その翌月にあったスウェーデン戦はすごくしんどくなりました。"チーム力がまだない状態で日本人がサッカーをしたらこうなる"っていうのが明確に出すぎた。海外のチームから見て"日本と戦うにはここをこうすればいいんだ"っていうところを抑えられなかった」

この記事の続きを読む

1