「賞金ランクより、とにかく優勝」 米国帰りの有村智恵が心機一転

 創立50周年を迎える日本女子ゴルフ協会にとって節目のシーズンが、3月2日からの『ダイキンオーキッドレディスゴルフ』(沖縄・琉球CC)で開幕する。

 3年連続の賞金女王を狙うイ・ボミ(韓国)、大きな飛躍が期待される20歳の堀琴音(賞金ランク11位)などに加え、昨年は日本女子オープンを17歳で制し、今季はアメリカツアーを戦う畑岡奈紗も出場する。有力選手が一堂に会するなかで、今シーズンから国内女子ツアーに本格復帰する有村智恵も注目選手のひとりだ。

 有村は2013年からアメリカを主戦場にしてきたが、昨年は地元・熊本を襲った震災がきっかけになり、シード権を持たないながらも国内ツアーを戦うことを決めた。6月から推薦などで出場した9試合でシード権の確保を目指したものの、最高位は日本女子オープンの10位タイ、3試合で予選落ちを味わった。賞金ランクは80位に終わり、同50位以内が手にするシード権を逃した。有村は昨シーズンの戦いを、こう振り返る。

「限られた試合数でも挑戦しようと決めて日本に戻ってきたけど、やっぱり難しかったですね。いまの実力を思い知らされました。でも、悔しさばっかりではなく、光も見えた。そんな10試合でした」

 シード権を逃した選手たちが翌年ツアーの出場試合数をかけて争う熾烈なQT(※)で、有村はファイナルQTに進んで17位になり、今シーズンは11月末の『LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』まで、トーナメント全37戦のほとんどに出場ができることになった。開幕を目前に控えた心境を訊ねると、「不安ですね」と答える有村だが、その言葉とは裏腹に表情は明るい。理由は昨季に見えた"光"にあると言う。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

この記事の続きを読む

1