日本人F1ドライバー誕生のため「シートを用意する」ホンダの本気度

 ホンダは本気だ――。日本人F1ドライバーを復活させる、その目標に向かって全力で突き進んでいる。

 2017年、ホンダは育成プログラム「HFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)」の一環として、3人の若手ドライバーたちをヨーロッパへと挑戦させる。従来の松下信治(まつした・のぶはる/GP2)、福住仁嶺(ふくずみ・にれい/GP3)に加え、秘蔵っ子ともいえる牧野任祐(まきの・ただすけ/ユーロF3)も送り込み、今季の実績で彼らのなかから2018年にF1昇格を果たさせようというわけだ。

「3人にはチャンピオンを獲りにいきなさいと言っています。3人とも獲れるポテンシャルがあるんですから」

 ホンダのモータースポーツ活動を統括する、山本雅史モータースポーツ(MS)部長はそう語る。

 彼らがF1へと昇格するためには、F1のスーパーライセンスを取得するために課せられている「過去3年間でスーパーライセンスポイント40点」が必要となる。それに照らし合わせれば、松下と牧野にはそれぞれランキング2位以上となれば、その条件をクリアするチャンスがある。

「とにかく、3人ともスーパーライセンスポイントを取ってこいということです。福住には(特例以外では来季F1昇格のチャンスがないので)申し訳ないと思っていますけど、松下と牧野には同じレベルでチャンスがあると思っています」

この記事の続きを読む

1