あの「カー娘」も参戦。五輪新種目ミックスダブルスカーリングとは?

 第10回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権(3月1日〜5日)が、北海道北見市の『アドヴィックス常呂カーリングホール』で開催される。

 4人制に比べて認知度は低かったが、2018年平昌五輪(韓国)から正式種目として採用されることとなり、ソルトレーク、トリノ、ソチと3度の五輪出場経験を持つ北海道銀行フォルティウスの小笠原歩をはじめ、国内のトップカーラーが続々と参加を表明。日本協会は強化委員会の推薦枠を新設し、各地区代表などの他に、4人制で活躍する小笠原ら3ペアが新種目での五輪出場を目指せる体制を作った。

 強化委員会推薦ペアは以下のとおり。所属は男子がいずれも札幌4REAL、女子が北海道銀行だ。

◆チーム阿部(阿部晋也&小笠原歩ペア)
◆チーム松村(松村雄太&吉村紗也香ペア)
◆チーム谷田(谷田康真&小野寺佳歩ペア)

 今回の日本選手権には、この3ペアをはじめ、前年度優勝、準優勝ペア、そして各地区代表の計16チームが出場。まずは2つのグループに分かれて8チームによるリーグ戦を行ない、各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出して頂点を争う。

この記事の続きを読む

1