キングの祝福ムードに敗戦。それでも松本山雅はJ1昇格候補なのだ

 この日、ニッパツ三ツ沢球技場を訪れたメディアの(松本の地元メディアを除けば)99%は、50歳Jリーガーのバースデーゲームが取材目的だったに違いない。

 横浜FCと松本山雅FCが対戦した、J2開幕戦が行なわれたのは2月26日。奇しくもFW三浦知良の誕生日と重なっていたとあって、この試合はJリーグ25年目の幕開けという以上の注目を集めることになった。

 チケットは前売り段階で完売。1万3000人を超える観衆が集まったのだが、それ以上にメディアの数がスゴかった。試合後の取材エリアは文字どおり人であふれかえり、カズの取材だけは通常の段取りとは別に、ピッチ脇で特別に行なわれたほどだ。

 ちなみに試合は、1−0で横浜FCが勝利した。カズは得点こそなかったが、先発でピッチに立ち、65分までプレー。この日の三ツ沢は試合の結果や内容とはほぼ無関係に、異様な盛り上がりを見せていた。

 とはいえ、いわば当事者である横浜FCはともかく、対戦相手の松本にとっては、新シーズンの大事な初戦。カズに敬意を払いこそすれ、お祭りムードに浸る余裕はなかったに違いない。

 昨季、わずかの差で届かなかったJ1再昇格に挑むシーズンの開幕戦を落としたとあって、饒舌(じょうぜつ)な指揮官の言葉も自然と厳しいものになった。反町康治監督が語る。

この記事の続きを読む

1