韓国からの「真の刺客」イ・ミニョンは、がんに勝った不屈のゴルファー

 イ・ボミ(28歳)やキム・ハヌル(28歳)ら、韓国人美女ゴルファーの活躍に沸く日本女子ツアー。そして今季、がぜん注目を集めているのが、「8頭身美女」と評判のユン・チェヨン(29歳)と、「セクシー・クイーン」と称されるアン・シネ(26歳)の、新たに日本ツアー参戦を果たす"美人刺客"たちだ。ツアー開幕前にもかかわらず、彼女たちの名前をどこかのメディアで目にした人は少なくないだろう。

 だが、そのふたりにばかり目を向けてはいられない。実はもうひとり、今季から日本ツアーに挑む、韓国の若手実力者が存在するのだ。

 名前はイ・ミニョン。1992年3月13日生まれの24歳。韓国ツアー通算4勝の実力者である。昨年の日本ツアー・ファイナルQT(※)で4位という好成績を収め、今季レギュラーツアーの出場権を得た。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

 ルックスやスタイルで騒がれるユンやアンに比べて注目度は低いものの、その実力は相当なものだ。日本初参戦ながら、初シード権獲得はもちろん、ツアー初優勝さえ手の届く逸材であることは間違いない。

この記事の続きを読む

1