北川ひかる、ほろ苦いなでしこデビュー戦も「自信を持って帰りたい」

 高倉麻子監督率いる、なでしこジャパン初めての国際大会となるアルガルベカップがポルトガルで開幕した。初戦はスペインに1−2で敗れ、黒星発進となった。

 注目のスタメンは、トップに田中美南(日テレ・ベレーザ)、右サイドハーフに中島依美(INAC神戸)、真ん中に増矢理花(INAC神戸)、左サイドハーフに中里優(日テレ・ベレーザ)、ボランチには阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)と佐々木繭(ベガルタ仙台)、最終ラインは右に鮫島彩(INAC神戸)、センターバックは高木ひかり(ノジマステラ)と熊谷紗希(リヨン)、左サイドバックには北川ひかる(浦和レッズL)を起用した。組み立てほやほやの布陣ではあるが、国際大会の第一歩をどう踏み出すのか。晴れ渡る日差しの中でキックオフを迎えた。

 3−5−2システムで隙のないプレッシングを得意とするスペインのスタイルは、日本が最も苦手とするものと言える。予想通り、開始早々からスペインのサッカーに完全に飲まれてしまった日本は、風上でありながらあっという間に主導権を渡してしまった。日本のプレッシングを軽々と1フェイクでかわしていくスペインに対し、日本は後手を踏む時間帯が続く。失点こそしのいでいたが、前半にゴールを匂わせる好機は一度のみ。31分に中島が半ば強引に右サイドを突破しながら折り返したクロスに増矢が合わせた場面だけだった。

この記事の続きを読む

1