【木村和久連載】アマチュアに「データゴルフ」はどれだけ必要か?

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第94回
 ゴルフを熱心にやっていた頃は、プロ野球の野村克也監督による"データ野球"が全盛で、ゴルフでもデータを取って、自分のスキルアップに役立てようとしていました。当時は、ゴルフ週刊誌でラウンド連載もやっていて、その体験レポートもするので、自ずとデータが必要だったこともあります。

 アマチュアがデータゴルフを始めるにあたって、重要なのが、パット数です。さらに加えるなら、フェアウェーキープ率とパーオン率ですか。

 その中で、パット数の考え方は、プロとアマチュアではだいぶ違ってくるので、参考までに紹介しておきます。

 プロのパットの数え方は、あくまで平均パット数を算出するための材料で、決まりとしては、「パーオン以下でグリーンに乗ってからの打数」です。

 まず「パーオン」の解釈ですが、ゴルフを始めた頃は、パー4のホールで4回打って乗ったら「パーオン」とか言っていました。"なんちゃって、パーオン"ですか......。

 これは、OKパットを数えないくらい、恥ずかしい行為でしたね。今は、パー4のホールなら2打で乗ったことを「パーオン」って、しっかり理解していますって。そこは、知ってまんがな。

 ですから、プロの場合、パー5のロングホールを2回打ってグリーンに乗ったときは、「パーオン以下」に当てはまり、そこからパット数を数えます。

この記事の続きを読む

1