桜花賞まで1カ月。3歳牝馬の頂点を争う「最新ランキング」発表

2017年3歳クラシック
■Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第3弾)

 年が明けて早くも3月。あと1カ月もすれば、3歳クラシックの幕開けとなるGI桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)が開催される。

 その注目の3歳牝馬戦線において、新年になってから強烈なインパクトを残したレースと言えば、2月11日に行なわれたGIIIクイーンC(東京・芝1600m)だろう。1番人気のアドマイヤミヤビ(牝3歳/父ハーツクライ)が、「距離不適」と言われたマイル戦で圧巻の走りを披露。レーヌミノル(牝3歳/父ダイワメジャー)をはじめ、アエロリット(牝3歳/父クロフネ)、フローレスマジック(牝3歳/父ディープインパクト)など、重賞実績のあるメンバーを一蹴した。

 今回はこれらの結果を受けて、クラシックを控えた3歳牝馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独自なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

この記事の続きを読む

1