初召集でも大きな存在感。長谷川唯の2ゴールで高倉ジャパンが初勝利

 アルガルベカップを戦っているなでしこジャパンは3日、アイスランドとの第2戦に2−0で勝利した。高倉麻子監督が就任して約10カ月、公式戦5戦目にしてなでしこジャパンは初勝利を掴んだ。

 初戦のスペイン戦から、7名のメンバーを入れ替えて臨んだ第2戦。守護神は山下杏也加(日テレ・ベレーザ)、センターバックの熊谷紗希(リヨン)の相方に中村楓(アルビレックス新潟L)、ボランチは宇津木瑠美(シアトル)と川村優理(ベガルタ仙台)で安定させ、両サイドには右に千葉園子(ASハリマ)、長谷川唯(日テレ・ベレーザ)の機動力のある選手を配置。初戦で唯一のゴールを挙げた横山久美(AC長野)を2トップの一角に据えた。

 スペイン戦の轍(てつ)を踏んではならない。相手のハイプレスに一気に飲み込まれたスペイン戦では、主導権を奪回できずに試合が進んでしまったことを受け、修正をかけた。この日は前線からのプレスのタイミングと、2列目のサポートとのバランスが開始早々からハマり、開始3分、横山の強烈なシュートで流れを得た日本は11分に先制点を挙げる。

この記事の続きを読む

1