ポスト錦織圭を育てられるか。日本テニス協会がフランス連盟と提携

 2月1日に「日仏テニス協力覚書」が締結された。日本テニス協会(以下JTA)が、フランステニス連盟(以下FFT)のような外国のテニス中央競技団体と合意文書を結ぶのは初めてのことで、日本テニス界は新しい一歩を踏み出した。

 有効期間は2019年8月までで、具体的な協力事業として、ローランギャロス ワイルドカード(以下WC)選手権の予選を日本で開催。また、FFTトレーニングセンターでの日仏ジュニア選手の合同トレーニング、さらに日本ナショナルチーム選手のFFT施設の使用に関する協力が盛り込まれた。

 協力事業の皮切りとして、「全仏オープン・ジュニア2017 WC選手権大会 in partnership with LONGINES 日本予選」が、2月28日から3月2日にかけて神奈川・横浜カントリー&アスレティッククラブで開催された。

 日本で2度目の開催となる今年も、JTAが選考したジュニア選手男女各8名が予選に出場。男子は、白石光(東京・有明ジュニアテニスアカデミー)が、女子は、永田杏里(愛知・南山高等学校女子部)がそれぞれ優勝して、5月にパリで開催されるWC選手権への出場権を獲得した。ともに16歳の2人は、そこで優勝となれば、WC(大会推薦枠)獲得によって、ローランギャロス・ジュニアの部のメインドローに名を連ねることができる。

この記事の続きを読む

1