ミックスダブルスで日本一。カーリング界のカリスマが見せた格の違い

「つくづく『この人は持ってるな』と思い知らされた」

 第10回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権(3月1日〜5日・北海道北見市)で優勝した『チーム阿部』の阿部晋也は、大会をそう振り返って控え目に笑った。パートナーの小笠原歩を評してのコメントだが、おそらく技術、勝負強さ、強心臓、スター性など、彼女のすべてを称えてのことだろう。

 小笠原は大会を通して、ミックスダブルスのベースとなるカムアラウンド(ガードストーンの後ろに回り込むショット)、フリーズ(ハウス内のストーンにぴったりとくっつけるショット)といったショットを次々と決めていった。もちろんミスがなかったわけではないが、「いちばん大事なドローは絶対に外さないから、しっかりエンドセーブできる」と、指導者としても、選手としても経験豊富な阿部に、そう言わしめるだけの勝負強さを見せた。

 ただ、決勝の相手となった『チーム青木』(青木豪&藤井美香ペア)には、その前に一度敗れている。予選リーグの最終戦、高校生カーラーの青木に、得意の速いテイクから4点を奪うヒットロール(相手のストーンを弾いて、自身が投げたストーンも狙った位置に運ぶショット)を2度も決められ、全勝対決で完敗。阿部&小笠原ペアはリーグ2位で決勝トーナメントに進むことになる。

この記事の続きを読む

1