「今年もダメ」説に反論。テストでF1ホンダに起きたトラブルの真相

 2017年2月27日午前9時、バルセロナ――。いよいよ始まった今季の開幕前合同テストで、コースインしてわずか1周で固く閉ざされてしまったマクラーレン・ホンダのピットガレージを見て、詰めかけたメディアの間には不安が広がった。ガレージ内ではパワーユニット交換が行なわれ、コース復帰を果たせたのは午後4時になってからだった。

 翌日も最初のチェック走行でエンジンを止めてゆるゆるとピットに戻り、メカニックが慌ててピット入口まで駆け寄って押し戻す。29周を走行したところでパワーを失ってパワーユニット交換。

「今年のホンダは、もうおしまいじゃないか?」
「2年間の経験がありながら、どうして今年もまだトラブルだらけなんだ?」

 海外メディアからは厳しい声が上がった。

 ピットガレージ前で成り行きを見守っていたフェルナンド・アロンソの地元スペインのテレビ局『Movistar』のレポーターは語る。

「スペインではフェルナンドがもう一度、チャンピオンになるところを見たいという願望を抱えているんだ。ホンダ批判一辺倒のイギリスよりは、マクラーレンの車体性能に対して疑問を持つ声もあるけれど、それよりもなにより『すべてはホンダにかかっている』という印象がある。マクラーレンとホンダとのコラボレーションなのだから、いつかは絶対に成功するだろうとは思っているけど、それが20年後では遅すぎるんだ」

この記事の続きを読む

1