五輪メダルを狙うスノーボードで、男子トップ3人が描く平昌への戦略

◆スノーボードUSオープンで見た日本人ライダーたちの五輪ロード(男子編)

 2月27日〜3月4日、アメリカ・コロラド州ベイルで開催されたスノーボード世界最高峰の大会「BURTON US オープン」。世界中からトップランクのライダーたちが集結した同大会において、1年後の平昌冬季五輪での活躍が期待される日本人ライダーたちの"現在地"を探った。

 前編でインタビューしているスロープスタイルの鬼塚雅、藤森由香に続き、ここでは男子ハーフパイプに焦点を当てる。3年前のソチ五輪で、平野歩夢(あゆむ)が銀メダル、平岡卓が銅メダルを獲得したことからもわかるように、実はスノーボードの男子ハーフパイプは、数ある冬季五輪競技の中でもとりわけ世界トップクラスの日本人選手たちが多く、もっと注目されてしかるべき競技なのである。スロープスタイルも含めて、強化指定選手の幾度かの不祥事によるマイナスイメージは確かに存在するものの、今回ここで紹介するライダーたちは、ひたむきに世界と戦う若者たちであり、実際に雪山で真摯にスノーボードに取り組む彼らの姿を見ると、本物のアスリート以外の何者でもないことがよくわかる。USオープン期間中、彼らに話を聞き約1年後に迫った平昌五輪の行方を占った。

まずは、ソチ五輪の銀メダリスト平野歩夢だ。当時15歳が見せたセンセーショナルな活躍は日本中を驚かせたが、その後も2015年のヨーロピンアンオープンで2位、USオープンで3位、2016年にはX GAMESやラークスオープンでは優勝を飾るなど、その輝かしい戦績を見ると、ソチでのライディングがフロックでなかったことは一目瞭然だ。紛れもなく、彼こそが日本が世界に誇るワールドクラスのスノーボーダーなのである。

この記事の続きを読む

1