韓国勢より注目。突如現れた「中国美女ゴルファー」セキ・ユウティン

 日本女子ツアーの2017年シーズンが始まった。

 今季も沖縄県で開催されたダイキンオーキッドレディスで幕開け。米女子ツアーを主戦場とする宮里藍(31歳)や横峯さくら(31歳)に、同じく米ツアーに挑んでいる大物ルーキー・畑岡奈紗(18歳)らも出場し、例年以上の盛り上がりを見せた。

 その白熱したシーズン最初の試合で頂点に立ったのは、アン・ソンジュ(29歳/韓国)。今季ツアー本格参戦を果たす川岸史果(22歳)、地元沖縄出身の大城さつき(27歳)らとの熾烈な争いを制した。

 このアン・ソンジュの他、3年連続の賞金女王を狙うイ・ボミ(28歳)が3位タイ、ベテランの李知姫(38歳)が5位タイ、さらに昨季賞金ランク4位のキム・ハヌル(28歳)が8位タイと、今や日本ツアーの中心をなす韓国勢が開幕戦から上位にズラリ。その勢いは、今季も揺るぎそうにない。

 さらに今季は、「8頭身美女ゴルファー」として有名なユン・チェヨン(30歳)、「ゴルフ界のセクシークイーン」と称されるアン・シネ(26歳)ら、韓国からの新たな注目「刺客」が続々と参戦してくる。今大会でも、本格参戦のデビュー戦となったユン・チェヨンの組には多くのファンが集結。すでに話題のイ・ボミやキム・ハヌルとともに、韓国勢が人気、実力ともにツアーを席巻しそうだ。

 そんな中、意外な原石が輝きを見せていた。中国ゴルフ協会所属のセキ・ユウティンである。

この記事の続きを読む

1