なでしこオランダ戦は「ありがたい敗戦」。悪夢の失点から何を学ぶのか

 なでしこジャパンのアルガルベカップ最終戦は、オランダとの5、6位決定戦となった。佐々木則夫前監督時代、2015年11月の国際試合で1−3と完敗した相手だ。ボールへのプレスが速く、テンポを掴まれると主導権を奪い返すのは難しい印象が残る。5、6位決定戦とはいえ戦いがいのあるチームとの対戦に、なでしこジャパンの瞭然たる現在地があらわになった。

 最初の失点は13分。左CKのボールに対してGK山下杏也加(日テレ・ベレーザ)のパンチングがクリアにならず、こぼれ球がまさかのアヌーク・デッカーの足元へ。悔やまれるゴール献上だった。続く失点はその6分後。右スローインから俊足シャニセ・ファンデサンデンに突破されると、中村楓(アルビレックス新潟L)がマークを振り切られ、カバーに入っていた鮫島彩(INAC神戸)、熊谷紗希(リヨン)のスライディングをかわして中へ折り返し、走り込んだリーケ・マルテンスに鮮やかに決められた。

 嫌なムードを断ち切ったのは、この直後に奪った横山久美(AC長野)の芯を捉えた圧巻のゴールだった。阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)のフィードから長谷川唯(日テレ・ベレーザ)がタテへ。受けた横山がゴールエリア外から豪快に叩き込んだ。ここのところ得点後もクールに振る舞っていた横山も「ヨシ!」と両こぶしを握り締めた。 

この記事の続きを読む

1