木曽の山で鍛えた「二歩目の速さ」で、御嶽海が大関昇進へ突き進む

 稀勢の里が横綱に昇進し、17年ぶりに「4横綱時代」を迎える大相撲春場所。優勝争いはこれまで以上に激化するだろうが、同時に「次なる稀勢の里」を目指す新勢力のさらなる躍進にも注目が集まっている。

 高安、玉鷲、正代、勢、貴ノ岩、遠藤、北勝富士......。ここ数場所で目覚ましい活躍を見せるこれらの三役、幕内上位陣の中でも、ひときわ大きな期待を寄せられているのが、小結・御嶽海(24歳・出羽海部屋)だ。初場所では2横綱2大関を倒すなど、11勝4敗の好成績で初の技能賞を獲得。2場所ぶりに小結に復帰した春場所で、大関取りへのスタートを切る。

 御嶽海は、東洋大時代に「アマ15冠」を達成し、4年時には学生横綱とアマチュア横綱を獲得した超エリート力士だ。2015年の春場所に幕下10 枚目格付け出しで初土俵を踏むと、わずか2場所で十両に昇進した。直後の15 年名古屋場所では十両を制し、同年の九州場所には新入幕を果たしている。そんなスピード出世について、本人は「壁に当たったと感じたことはありません」と堂々と言い切る。

この記事の続きを読む

1