「今年は誰の年か」。候補はジョンソン、トーマス、スピース、松山...

■WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

「今年はたくさんの選手がいいプレーを続けている。マツヤマはすごく調子がいいし、ジャスティン・トーマスはもう今季3勝もしている。今年は"誰の1年"になるか、まったくわからない。だから、彼らに追いつき、追い越すためにも、僕だってがんばらないといけないんだ」

 そう語ったのは、先日行なわれた世界選手権シリーズ(WGC)のメキシコ選手権(3月2日〜5日/メキシコ)を制し、ジェネシス・オープンに続いて出場試合連続優勝を飾った世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(32歳/アメリカ)である。

 タイガー・ウッズ(41歳/アメリカ)が王者として君臨し続けていた時代が終焉を迎えて、ここ数年は毎年、"王者"が入れ替わっている。

 2014年は、全英オープン、全米プロを制したロリー・マキロイ(27歳/北アイルランド)の年だった。翌2015年は、ジョーダン・スピース(23歳/アメリカ)だ。マスターズ、全米オープンとメジャー2連勝を飾って世界中を沸かせた。

 そして2016年は、世界ランキング1位となったジェイソン・デイ(29歳/オーストラリア)、あるいは全米オープンで初のメジャー勝利を挙げたジョンソンの年だったかもしれない。もちろん、当のジョンソンは「いや、昨年は僕の年だ。だって、僕がプレーヤーズ・オブ・ザ・イヤーを獲ったのだから」と主張する。

この記事の続きを読む

1