大勝にも「体温が低い」と苦言。 スペインの名将はヴェルディを蘇らせるか

 東京ヴェルディは昔日の面影を取り戻せるのか?

 昨シーズンのヴェルディはJ2で22チーム中18位だった。J3への降格回避に四苦八苦。今シーズンも、元日本代表の永田充、橋本英郎を獲得したものの、戦力的に突出しているわけではない。

 しかし、希望も生まれた。スペイン人指揮官、ミゲル・アンヘル・ロティーナ(59歳)が新たにチームを率いることになったのである。

 ロティーナは欧州でも有数の指揮官と言えるだろう。日本代表監督を務めるヴァイッド・ハリルホジッチと比較しても、指導者経歴に遜色はない。見方によっては、ロティーナの方が上である。

 92年に監督に転身以来、ヌマンシア、オサスナを1部昇格へ導いている。04年にはセルタをリーガ4位に押し上げ、05年にはチャンピオンズリーグでベスト16に進出。06年にはエスパニョールでスペイン国王杯優勝を遂げた。とくに守備戦術に定評があり、その後もレアル・ソシエダ、デポルティーボ・ラコルーニャ、ビジャレアルという有力クラブを率いている。

この記事の続きを読む

1