戸崎騎手も高評価。GI馬サトノアレスの、クラシック制覇あるぞ

2017年クラシック候補たち
■第6回:サトノアレス

 いよいよ1カ月後に迫ってきた、3歳牡馬クラシックの開幕戦となるGI皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)。そのトライアル戦が白熱するなか、今週はGIの勲章を持つ馬が登場してくる。

 昨年末のGI朝日杯フューチュリティS(以下、朝日杯FS。2016年12月18日/阪神・芝1600m)を制したサトノアレス(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 昨年8月に札幌でデビューした同馬は、新馬戦、未勝利戦ともに2着に敗戦し、連敗を喫してしまう。しかし、舞台を中央場所に移した3戦目から快進撃が始まった。そこから3連勝を飾って、GIタイトルを手にするのである。

 待望の白星を飾った3戦目は、2歳未勝利(2016年9月11日/中山・芝1800m)。先に抜け出したレッドローゼスをゴール前できっちりとらえた。続く500万下のベゴニア賞(2016年11月27日/東京・芝1600m)では、初の左回りの舞台で快勝。33秒8という最速の上がりを繰り出して、難敵たちを蹴散らした。

 そして、迎えた朝日杯FS。18頭立ての17番枠からスタートしたサトノアレスは、道中外々を追走。直線でスパートをかけると、先頭を一気に飲み込む末脚でトップに躍り出る。最後は2着モンドキャンノが迫ってきたものの、半馬身差しのいでGI馬となった。

この記事の続きを読む

1