「家長ロス」だけじゃない敗因。最下位・大宮は敗れるべくして敗れた

 開幕3連敗で最下位に転落――。大宮アルディージャの2017シーズンは、苦難の道のりとなりそうだ。

 川崎フロンターレ、FC東京に連敗を喫して迎えた第3節のジュビロ磐田戦。開始早々にMF中村俊輔に"記念すべき"移籍後第1号ゴールを直接FKで叩き込まれると、後半立ち上がりにもDFの対応のミスを突かれ、FW川又堅碁に追加点を許してしまう。終盤に巻き返して1点を返したものの、同点、あるいは逆転を実現できるほどの力は足りなかった。

「失点の時間帯の悪さが、今日の敗因のすべてかなと思います」と守護神のGK加藤順大が振り返ったように、前・後半の立ち上がり、いわゆる危険な時間帯での対応をおろそかにしてしまっては、なかなか結果はついてこない。つまり、典型的な負けパターンに陥った大宮の「敗れるべくして敗れた」試合だったと言える。

 昇格1年目の昨季は5位に躍進し、さらなる上昇を目指して臨んだ今シーズン。しかし、当初から懸念されていた不安要素が、さっそく表面化してしまった印象だ。チームの大黒柱だったMF家長昭博の流出である。

この記事の続きを読む

1