やっぱり牧田はすごかった。浮き上がる「魔球」でオランダ打線を制圧

 ひとりだけ、違う次元で野球をやっているようだった。

 4時間46分にわたる死闘、日本とオランダの両チーム合わせて16人の投手がマウンドに上がり、そのうち150キロを超える球速を計測した投手は9人もいた。しかし、侍ジャパンの最後にマウンドに上がった牧田和久の投じたスピードボールは、最速でも133キロ。誰よりも遅い速球を投げ、そして誰よりもオランダ打線を詰まらせた。

 オランダ代表のヘンスリー・ミューレン監督は試合後にこんなコメントを残している。

「私たちは高めに浮いてくる最後のボールを仕留めることができなかった。そこが勝負のアヤだったと思っています」

 オランダ打線の脅威は、この試合を観戦した誰もが感じたはずだ。「メジャー最高の遊撃手」と評されるアンドレルトン・シモンズをはじめ、メジャーリーグのレギュラークラスを多数そろえ、4番にはNPBシーズン最多本塁打記録を持つウラディミール・バレンティンが座っていた。侍ジャパンの小久保裕紀監督は、試合後にオランダの印象を聞かれてこう語っている。

「ある程度の失点は覚悟しないといけないかなという思いで、5〜6点は取らないと厳しい戦いになるなと思っていました。それ以上の迫力があって、決して日本の投手も悪いわけではなかったのですが、さすがメジャーリーガーのいる打線だなと」

 そんな強打線を向こうに回して、侍ジャパンは実に粘り強く守り抜いた。

この記事の続きを読む

1