J2の「オリジナル10対決」は、千葉が名古屋を圧倒でJ1復帰へ光

 J2第3節、ジェフ千葉対名古屋グランパス。ともにJリーグの「オリジナル10」である両者が対戦するのは、実に2009年以来8シーズンぶりのことだ。

MF町田などの活躍で、名古屋を圧倒した千葉 そんな歴史的価値に加え、佐藤勇人(千葉)・寿人(名古屋)の双子対決が実現するかもしれないという話題もあり、この試合にはJ2の、しかも優勝争いの大詰めでもない序盤戦とは思えないほど、多くの報道陣が詰めかけた。

 それでも試合前の主役は、どちらかといえば、名古屋のほうだったに違いない。

 クラブ史上初のJ2降格となった名古屋は、前述のFW佐藤寿の他にも、FW玉田圭司ら、J1級の選手を加え、40歳のベテランGK楢崎正剛も健在。新たな指揮官には、川崎フロンターレで驚異的なポゼッションサッカーを作り上げた風間八宏監督が就任したとあって、シーズン開幕前からJ2最注目株となっていた。

この記事の続きを読む

1