世界が感動した「キング・カズ、50歳のゴール」はこうして生まれた

 医学やトレーニング方法の進歩により、選手寿命が延びているとはいえ、40歳を過ぎても現役なら、まだまだ驚きに値する時代である。

 ところが、40歳はおろか、50歳を過ぎても現役を続け、しかもゴールまで決めてしまうのだから、驚きを通り越して、にわかには信じがたい。もはや漫画の世界である。

 J2第3節、横浜FCvsザスパクサツ群馬で、横浜FCのFW三浦知良が今季初ゴールを決めた。50歳0カ月14日でのゴールは、自身が持つ記録(49歳5カ月12日)を塗り替えるJリーグ最年長ゴール新記録である。

「カズは昨年12月からグアムでキャンプをやっており、例年になくいい状態にある」

 横浜FC・中田仁司監督のそんなコメントを裏づけるように、カズはこの試合も含め、今季開幕戦から3試合連続の先発出場。さすがにフル出場こそしていないが、そのプレーぶりから好調さをうかがわせる。

 この試合でもカズはゴールだけでなく、十八番の"連続シザースフェイント"でマークをかわし、左サイドからクロスを上げるシーンを作るなど、スタンドを沸かせた。同じニッパツ三ツ沢球技場で行なわれた松本山雅FCとの開幕戦では、「ディフェンスの部分で貢献はあったが、攻撃での貢献ができなかった」(カズ)のに比べると、ボールに絡むシーンはかなり多かった。

この記事の続きを読む

1