W杯予選はUAE戦がすべて。本田圭佑を外すなら今がチャンス

■ヤバイぞ、アジア最終予選4〜杉山茂樹×浅田真樹(前編)

 4カ月の中断期間を経て、ロシアW杯アジア最終予選が再開。日本は3月23日にアウェーでUAEと、28日はホームでタイと対戦する。

 5試合で折り返しを迎えた現時点でのグループBの順位は、1位サウジアラビア(勝ち点10)、2位日本(10)、3位オーストラリア(9)、4位UAE(9)、5位イラク(3)、6位タイ(1)。最終的に1、2位はW杯出場権を獲得。3位はプレーオフへと回る。はたして日本は混戦を抜け出すことができるのか、それとも......。昨年11月に続いて、サッカーライター杉山茂樹氏と浅田真樹氏に今後の戦いを展望してもらった。

11月のサウジアラビア戦では先発を外れた本田圭佑浅田 去年11月、サウジアラビアに勝ったことで出場権獲得の2位に入り、ひと安心というムードも漂っているけど、あらためて順位を見ると、やっぱり接戦ですね。しかも3カ国で争っているのであれば、最悪でもプレーオフ進出は保証されるわけだけど、4カ国の争いだから、そこからこぼれる可能性も残している。

杉山 上位4カ国は団子状態で、その直接対決の勝ち負けはもちろん重要になるけど、逆に残りのイラク、タイ相手に取りこぼしたチームは脱落していく。特にそこそこ力のあるイラクは要注意で、日本はイラクとのアウェー戦を残しているのがひとつのポイントです。

この記事の続きを読む

1