長谷川穂積、引退から3ヵ月後の心境。「現役じゃないけど一生ボクサー」

◆長谷川穂積インタビュー@前編

 引退会見から3ヵ月――。長谷川穂積に会うため、地元・神戸を訪れた。17年間のボクシング人生にピリオドを打った今、彼はどんな想いで現役時代を振り返るのか。現在の心境を聞いてみた。

* * *

 戦績41戦36勝5敗――。ほとんど勝った。稀に負けた。ただ、その星が白くても、黒くても、長谷川穂積の試合は魅惑的だった。

 2016年12月9日、神戸市内のホテルでの引退会見。「引退」の二文字を発することにためらいはなかった。引退会見の壇上、予想以上に詰め掛けた報道陣を前に、長谷川はこんなことを思う。

「過去のどの試合よりも、記者や報道陣の数が多かった。『ボクシングを17年間してきたことが、この景色につながったんだ』と。本当に大勢の人が集まってくれたこの光景が、現役最後のご褒美じゃないですけど、ボクシングに出会い、一生懸命やってきてよかったなと心から思えました」

 引退を決断したのは、3階級制覇を成し遂げた2016年9月16日の試合から2ヵ月後、11月下旬のことだった。「ベルトを獲る理由はあったが、守る理由が見つからなかった」と長谷川は語る。

「自分が思い描いた以上の道を歩んできた。もちろん、『現役』という選ばなかった道に後ろ髪は引かれます。それでも客観的、総合的に見て、辞め方も含め、これ以上ないボクシング人生だったと思います」

この記事の続きを読む

1