ベルマーレとフジタ。暗黒時代を生き延びたからできた「幸せな再会」

短期連載・Jリーグ25年目の「希望」
■ベルマーレに『フジタ』が戻ってきた(3)
 2017年、ベルマーレは連勝でスタートを切った。

 とはいえ、戦いの舞台はまたしてもJ2だ。2009年、フジタの撤退から10年かけてJ1昇格を果たしたものの、翌年はJ1最下位で、あっという間にJ2へ逆戻り。その後、2013年に再昇格したが、やっぱり1年で降格。要するに、J1とJ2を行ったり来たりするシーズンが続いているのだ。

 それでも、一昨年と昨年は2年連続で、J1で戦った。初めての残留はベルマーレのスタンダードをワンランク上げた。そして、「湘南スタイル」と呼ばれるサッカーの好感度の高さが、チームを取り巻く人々の気持ちをポジティブにさせている。

 クラブも前進した。「生き残りへの挑戦」は苦闘の連続だったが、そんな時間によってクラブは強くなった。存続運動を機にベルマーレへの関心が強まり、地元との絆もできた。

 台所事情はいまも潤沢とは言えない。それでも、昨季の観客動員は1万人を超えた(1試合平均)。年間予算は15億円程度へ、社員も20人と、18年前と比べれば、すべてがほぼ倍増している。

 チーム同様、クラブの印象もやはり明るい。

 そんなベルマーレに、今季、かつての親会社である『フジタ』がスポンサーとして戻ってきたのだ。

この記事の続きを読む

1