錦織圭「高く弾むショット」で主導権。次なる相手は思い出のライバル

 ファーストサーブの確率は試合を通じて77%と高く、第1セットに限れば、さらに95%まで跳ね上がる。相手に与えたブレークポイントは、わずかにひとつ。その唯一の難局も、安定のストロークで手堅くしのいだ。

 5ヵ月前のバーゼル大会では敗戦まであと1ポイントの窮地に追い込まれたジレ・ミュラー(ルクセンブルク)を、インディアンウェルズの3回戦では6−2、6−2と圧倒。陣営に向け力強くガッツポーズを掲げた錦織圭は「内容はとってもよかったです」と、珍しく自分のプレーに満点に近い評価を与えた。

 今年1月にツアー初優勝を遂げたミュラーは、サウスポーから繰り出す切れ味鋭いサービスや、サーブ&ボレーなどのネットプレーが武器。バーゼルでの対戦時の錦織は、それら相手の持ち味の前に苦しんだ経験がある。

 その過去を踏まえてのことだろう、この日の錦織は高く弾むフォアのスピンショットを多用した。鋭い順回転のかかったボールは、表面が紙やすりのようにザラつくコートに食い込むと、イレギュラー気味に弾む。その巧みな技にバックサイドの高い位置を狙われたミュラーは、スライスからボレーにつなげる得意のパターンを封じられ、徐々に打つ手を失った。

この記事の続きを読む

1