長谷川穂積が選ぶベストバウト。「日本武道館が水を打ったように...」

 デビューから引退までの17年という長さは、長谷川穂積にとってどういう感覚なのだろうか。1999年の初試合から、リングに上がること計41回――。その17年のキャリアを自身に総括してもらった。
■長谷川穂積インタビュー@後編

―― 世界チャンピオンになれると思ったのはいつですか?

長谷川穂積(以下:長谷川) 明確に覚えてます。ウィラポンに挑戦(2005年4月16日)する直前です。それまでは、「なりたい」とは思っても、「なれる」とはまったく思わなかったんで。それでも、判定で勝ったデビュー戦の後に、「目標は世界チャンピオンです」って堂々と言ってるんですよね(笑)。

―― 自分に才能があるとは思いましたか?

長谷川 自分が特別だとはまったく思ってないです。アマチュア経験もなく18歳でプロになり、キャリア5戦の時点で3勝2敗。日本ランカーにすらなれないんじゃないかと思ってました。

―― 少しずつ、実力と自信をつけていった感じですか?

長谷川 徐々にですね。実際1個、1個、勝っていくしかないですから。それが積み重なっていく。これ勝った、これ勝った。気づいたら、「あ、本当に世界戦が決まった」くらいの感覚です。「これで勝ったら、本当に世界チャンピオンや」みたいな。

この記事の続きを読む

1