藤田光里、悲しみを胸に秘め「これからも、父と一緒に戦っていく」

 今季、ツアー本格参戦4年目となる藤田光里(22歳)。2013年夏にプロテストを合格すると、その年のファイナルQTでトップ通過。容姿端麗な「大物ルーキー」として一躍脚光を浴びた。

 そして実際、ルーキーイヤーの2014年シーズンから賞金ランキング38位という成績を残して、すかさずシード権を獲得。2015年シーズンにはフジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝を遂げ、賞金ランキングは18位まで浮上した。プロ入り後、順調にステップアップを重ね、ツアー3年目となる2016年シーズンではツアー2勝目と、さらなる飛躍が期待された。

 だが、昨季の藤田は思わぬ不振にあえいだ。4度のトップ10入りを果たすも、優勝争いに加わることはほとんどなかった。出場34試合中、14回も予選落ちを喫するなど不安定な状態が続いていた。最終的には何とかシード権を獲得したものの(賞金ランキング48位)、シーズン終盤まで"崖っぷち"の争いを強いられた。

 もちろん藤田自身、その結果に納得しているはずがない。

 不振の原因は、ドライバーが合わないことで苦労し、スイングを崩したままシーズンを迎えてしまったことがひとつ。もうひとつは、シーズン途中から左手首やヒジの痛みによって、思うようなゴルフができなかったのだった。

この記事の続きを読む

1