神戸のポドルスキに続く、Jリーグ「狙い目」のビッグネームは誰だ?

 3月初め、ルーカス・ポドルスキ(31歳・ガラタサライ)のヴィッセル神戸入りが決まった。加入時期は今夏になる模様だが、久しぶりの大物助っ人の到来に、サッカーファンの期待は膨らんでいる。

 さらに3月15日には、サガン鳥栖がクラブHPにおいて、コロンビア代表のビクトル・イバルボ(26歳・カリアリ)を期限付き移籍で獲得したことを発表。2014年のブラジルW杯で3試合に出場した188cmの大型FWの加入で、鳥栖のエース・豊田陽平との強力ツインタワーが実現することになる。

 DAZNとの放映権契約で財政的に潤い始めたJリーグ。資金の使い道については様々な意見があるものの、やっぱり「世界」を感じさせてくれる選手を生で観たい。もちろん育成も大切だが、ビッグネームの存在はリーグ発展の起爆剤になりうるものだ。

 昨秋以降、ポドルスキ以外にもジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)やロビン・ファンペルシー(フェネルバフチェ)、パオロ・ゲレーロ(フラメンゴ)らの名前がメディアを賑わせてきたが、現時点でそれらの線はいずれも立ち消えになっている。

 そこで今後、日本に来る可能性がありそうな「狙い目」のビッグネームをリストアップ。移籍が実現すれば、Jリーグをさらに盛り上げてくれること間違いない5人の選手を今からチェックしておこう。

この記事の続きを読む

1